元正天皇がモデル!十一面観音菩薩「羽賀寺」@福井



福井県小浜市にある「羽賀寺」。

北陸三十三ヵ所観音霊場の第五番です。


霊亀2年(716)に、元正天皇の勅願により行基が創建したと伝えられています。

その後、水害や火災に幾度もあいながら再建を繰り返します。


応永5年(1398)にも焼失しましたが、永享8年(1436)に奥州安倍氏後裔を称する安倍康季が再興しました。




本堂(重要文化財)


室町中期の文安4年(1447年)の建立。桧皮葺の入母屋造り。


木造十一面観音菩薩立像(重要文化財)


平安時代初期の作、檜の一木造、像高146.4cm。

元正天皇をモデルにしたといわれています。

長い間、秘仏であったため、彩色が鮮やかに残されています。


第44代・元正天皇

父は天武天皇と持統天皇の子である草壁皇子、母は第43代・元明天皇。

独身で即位した初めての女性天皇。


とにかく美しい、十一面観音菩薩立像。

鮮やかに残る色彩、衣の曲線美、ぽってりとしたお顔、しなやかな指先。すべてが艶めかしく、惑わすような色香漂う美しい観音様です。

モデルが女帝であることから、妙な想像力を掻き立てられます。


若狭小浜を代表する仏様ですので、必見です!


北陸三十三ヵ所観音霊場 第五番

<鳳聚山 羽賀寺>

【住所】福井県小浜市羽賀83-5

【電話】0770-52-4502

【宗派】真言宗

【拝観料】400円

【駐車場】普通車30台

【サイト】https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=98

最新記事

すべて表示