年に1日だけ開扉される「東大寺・開山堂」@奈良



奈良県奈良市にある「東大寺・開山堂」。


開山堂(国宝)は、普段非公開なので分かりづらい場所ですが、東大寺二月堂の下、四月堂の北側白壁の囲みの中にあります。


内陣中央に八角造の厨子がすえられ、秘仏・良弁(ろうべん)僧正坐像(国宝)が安置されており、年に1日、12月16日(良弁忌)のみ開扉されます。

開山良弁僧正の像を祀るため、良弁堂とも呼ばれます。



開山堂の入口


良弁僧正

東大寺の初代別当。

わが国に華厳経の教えをひろめ、東大寺建立に力を尽くした高僧。

持統天皇3年(689)、相模国(神奈川県)の漆部(ぬりべ)氏の子として生まれ、義淵(ぎえん)僧正に師事されたといわれるが、別伝では近江百済氏の出身で幼時に鷲にさらわれ、義淵僧正に育てられたともいわれている。



良弁が亡くなった宝亀4年(773)から246年後に初めて御忌法要が行われたことから、開山堂はその時に創建したとされ、僧正像も同時に造立されたといわれています。


ただ僧正像については、その重厚な造りや鋭い衣文表現などから、様式的には9世紀後半の作とする説もあります。


秘仏・良弁僧正坐像(国宝・平安時代)パンフレットより


像は92cm、一木造。

持物の如意(読経や説法の際に手に持つ道具)は厨子内の杖とともに、僧正遺愛の品と伝えられます。


開山堂(国宝)


東大寺の名椿「糊こぼし」


開山堂の境内には「奈良三名椿」の一つとして知られる「糊こぼし」があります。

紅色の花びらに糊をこぼしたような白い模様があることから「糊こぼし」と呼ばれます。

他の二つは白毫寺の五色椿、伝香寺の散り椿。



写真は数年前の12月16日(良弁忌)のものです。

たくさんの方が参列されていました。


<東大寺・開山堂>

【住所】奈良県奈良市雑司町406-1

【電話】0742-22-5511

【時間】10:00〜16:00

【拝観料】500円 ※12月16日のみ開扉

【サイト】http://www.todaiji.or.jp/