開創1300年の記念年「那谷寺」@石川


石川県小松市にある、那谷寺。

古くから白山信仰が根付き、自然を崇めてきた加賀の土地に座する那谷寺。 養老元年に白山で禅定し、御開山した僧・泰澄により開創されました。

今年、平成29年は那谷寺の開創1300年という節目の年。

それを記念して「那谷寺開創一千三百年大祭」が開催中です。

山門

山門の扉に仁王像

金堂華王殿

中には、十一面千手観世音菩薩がいらっしゃいます。

国の名勝指定・奇岩遊仙境

永い年月の間、風と波に洗われて現在の奇岩が形成されたそうで、平成26年に「おくのほそ道の風景地」として新たに国名勝に指定。

本殿(重要文化財)

中には秘仏・本尊の十一面千手観世音菩薩が安置されています。

普段は非公開の本尊ですが、開創1300年の記念年である今年に33年ぶりに御開帳されています。

2017年4月9日〜10月31日までの期間限定。

三重塔(重要文化財)

鐘楼(重要文化財)

白山神社

とにかく広い境内。

北陸の寺院にしては拝観料が600円と、やや高めですが、見応え十分の素晴らしいお寺でした。

御朱印

パンフレット

北陸三十三ヵ所観音霊場 第十二番

<自生山 那谷寺>

【住所】石川県小松市那谷町ユ122 【電話】0761-65-2111

【宗派】真言宗 【時間】8:30〜16:45(夏季)、8:45〜16:30(冬季) 【拝観料】600円 【駐車場】あり 【サイト】http://www.natadera.com/

#秘仏 #庭園 #北陸三十三観音霊場 #仏像