海に面した抜群の景観「道の駅 雨晴」@富山


雨晴海岸

■ 雨晴海岸に面した抜群の景観

国名勝「雨晴海岸」に面した場所に、2018年4月25日に新しくオープンした、道の駅「雨晴」。

早速行ってみました。

道の駅 雨晴

船の形をモチーフにしたという3階建ての建物。

道の駅 雨晴

道の駅 雨晴

重なった白い壁と、海と空の青さと合わさると、地中海のような雰囲気。

道の駅 雨晴

3階の展望デッキ。

道の駅 雨晴

道の駅 雨晴

2階の展望デッキ。

天気がいいと、空も海も青くて、かなり気持ちがいいです!

写真撮影する人がいっぱいでした。

道の駅 雨晴

目の前に雨晴海岸。遠くにうっすら立山連峰も見えます。

ちょうど、JR氷見線が通ったので、撮影。

海岸線ギリギリを走る電車。今度、食堂付きの観光列車に乗ってみたいな。

道の駅 雨晴

左側には能登半島。

道の駅 雨晴

2階にあるカフェで、雨晴海岸にちなんだメニューを注文してみました。

外に見える海と空の青さに似合います。

爽やかで美味しかったです。

道の駅 雨晴

雨晴サンデーのブルーハワイ(雨晴海岸バージョン)500円

ソフトクリームが海の波に見えてきます。

ブルーベリーがサーファー?女岩?かな。

道の駅 雨晴

サラトガクーラー(雨晴バージョン)500円

道の駅 雨晴

2階のカフェ。地場産食材にこだわったパスタなどもありました。

道の駅 雨晴

2階の売店エリア。カフェの反対側にあります。

富山に関連するものが販売されています。

ドラえもんの作者の藤子・F・不二雄さんは、富山県高岡市出身。

道の駅 雨晴

富山のお土産。

道の駅 雨晴

展望デッキには大伴家持と松尾芭蕉の歌碑も。

道の駅 雨晴

線路を渡って、雨晴海岸へ。

雨晴海岸

雨晴海岸

雨晴海岸

源義経が鎌倉幕府の追捕を受け奥州へ落ち延びる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという伝説が残る「義経岩」。

「雨晴(あまはらし)」の地名の由来になっているのだとか。

弁慶が岩を持ち上げて作ったという伝説もあるそうですが、かなり大きな岩です。雨宿りにちょうどいい広さ。

雨晴海岸

海の中の大きな岩「女岩」。雨晴海岸のシンボル。

遠くに、うっすら立山連峰が見えます。

写真だと見えづらいですが、もうちょっと見えました。

海越しに見える立山連峰は絶景です。

雨晴海岸

景観が本当に素晴らしく、目の前に海と空の青が、ばぁーー!と広がって気持ちがよかったです。

道の駅 雨晴

<道の駅 雨晴> 【住所】富山県高岡市太田24-74 【電話】0766-53-5661 【時間】カフェ・ショップ 9:00~19:00 【サイト】https://michinoeki-amaharashi.jp/

#富山 #観光 #スイーツ #カフェ