役行者を祀る「櫻本坊」@奈良


■ 桜が見所の修験道の根本道場

奈良県吉野にある櫻本坊。

天武天皇によって創建。修験道の根本道場です。

大海人皇子(のちの天武天皇)が吉野離宮で修養していたとき、冬の日に桜が咲き誇っている夢を見、その後皇位に就けたことから、その桜の木の下に寺院を建立。明治初年の神仏分離の際に「櫻本坊」となりました。

文禄3年(1594年)に行われた豊臣秀吉の花見の際には、関白・秀次の宿舎となりました。

ご本尊は木造彩色役行者倚像(重要文化財・鎌倉時代)。

4月の観桜期には、釈迦如来坐像(重要文化財・推古時代)が特別ご開帳されます。

毎年10月1日には吉野聖天像、11月の紅葉期には天武天皇秘像が特別ご開帳されます。

パンフレット

御朱印

<大峯山護持院 櫻本坊> 【住所】奈良県吉野郡吉野町吉野山1269 【電話】0746-32-5011 【時間】8:30〜16:00 【拝観料】600円 【駐車場】あり 【サイト】http://www.sakuramotobou.or.jp/

#仏像 #秘仏