法福寺の「明日の稚児舞」@富山



■ 観音祭

富山県黒部市宇奈月町にある法福寺。

2017年4月16日に行われた観音祭(明日の稚児舞)に行ってきました。

「明日の稚児舞」は、国の重要無形文化財に指定されています。

法福寺は大同元年(806年)、幻識大和上によって創建。

当時は七堂伽藍に十六坊の堂々たる大寺院でしたが、上杉謙信が侵入した折、兵火に会い、その後、藩政時代に金沢藩前田氏の祈願寺として寄進を受け、加賀梅鉢を寺紋に許されました。

本堂

本堂内での法要

■ 本堂前庭にある「明日の大桜」

「明日の大桜」と呼ばれる老桜の大木(樹齢約400年)があるのも、当寺の長い歴史を物語っており、もと宝福寺の号でしたが、観音の霊験あらたかということで「法福寺」と改めたといわれます。

稚児舞の稚児たちが本堂から大人に担がれて出ていきます。

「明日の稚児舞」の舞台。明日の稚児舞は国の重要無形文化財。

お昼にお蕎麦が振る舞われます。

手作りの蕎麦がきもいただき、とても美味しかったです。

写真にはないですが、おにぎりや山菜や煮物なども振る舞われました。

御朱印

北陸三十三ヵ所観音霊場 第三十三番 <明日山 法福寺> 【住所】富山県黒部市宇奈月町明日836 【電話】0765-65-0526 【宗派】真言宗 【拝観料】無料 【駐車場】あり 【サイト】http://www.hofuku-ji.jp/

#富山 #北陸三十三観音霊場 #お祭り #観光