谷口吉生の代表作「豊田市美術館」@愛知



愛知県豊田市にある「豊田市美術館」。


かつて挙母城(ころもじょう)のあった高台の一角に、建築家・谷口吉生氏による設計で、1995年(平成7)に開館されました。


20世紀美術とデザインの収蔵、現代美術の意欲的な企画展で知られています。



豊田市美術館は建築家・谷口吉生氏の代表作として知られ、鉄とガラスのシンプルな形態、水平・垂直の直線と矩形を基調とするモダニズムな建築です。


谷口氏の主な建築としては、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、東京国立博物館法隆寺宝物館、鈴木大拙記念館などがあります。



ダニエル・ビュレン「色の浮遊|3つの破裂した小屋」


美術館屋外にある、ダニエル・ビュレン氏によるインスタレーション作品。3つの小屋の内側がそれぞれ赤・黄・青、外側はいずれも鏡張りになっています。


豊田市美術館のために制作されたこの作品では、谷口吉生氏による建築の規則性を読み解き、その内と外と混ぜ合わせ、新鮮な空間体験を生み出しています。



かなり広大な敷地で、少し離れた駐車場から歩いて行くアプローチもワクワクしました。特別展も含めてとても素敵な美術館でした。



<豊田市美術館> 

【住所】愛知県豊田市小坂本町8-5-1

【電話】0565-34-6610

【時間】10:00〜17:30

【休館日】月曜日

【入館料】常設展:一般300円、大高生200円、中学生以下無料

【サイト】https://www.museum.toyota.aichi.jp/