大正時代の建築「大山崎山荘美術館」@京都


■ 大正時代の建築と安藤忠雄さん設計の新棟で構成

京都府大山崎町、天王山の南麓にある「アサヒビール大山崎山荘美術館」。

約5500坪の庭園に、英国風山荘である本館と安藤忠雄さん設計の「地中の宝石箱」「夢の箱」などの建物から構成されています。

本館は、関西の実業家・加賀正太郎(1888-1954)の別荘として、大正から昭和にかけ建設されたもので、創建当時の姿に修復して1996年4月に開館しました。

本館に行くまでの道にあるトンネル

本館に行くまでの道。割りと長めの山道を歩きます。

本館に行くまでの山道。

庭も綺麗です。

安藤忠雄さん設計の新棟「地中の宝石箱」

<アサヒビール大山崎山荘美術館>

【住所】京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 【電話】075-957-3123 【時間】10:00~17:00 【拝観料】一般 900円 【休館日】月曜日 【サイト】http://www.asahibeer-oyamazaki.com

#アート #庭園