瀬戸大橋を望む「香川県立東山魁夷せとうち美術館」@香川



香川県坂出市にある「香川県立東山魁夷せとうち美術館」。


東山魁夷の祖父が香川県坂出市の出身であることから、ご遺族より版画作品270点余の寄贈を受け、2005年(平成17)4月に開館されました。

設計は、建築家・谷口吉生氏。


東山魁夷(ひがしやま かいい)

神奈川県横浜市生まれ、神戸育ち。昭和を代表する日本画家。1908年〜1999年

主に風景を題材に、単純化された画面構成を用いた独自の日本画表現を極めたことで知られます。



建物の外観は魁夷の作品を象徴するグリーンに統一され、門からのアプローチは魁夷の代表作「道」をイメージした造りになっています。


東山魁夷の代表作「道」


野原の中の一本道を平明でシンプルな構図で描いた、東山魁夷の初期作品のひとつ。



内部は地上2階。展示品は全て東山魁夷の作品です。


館内のカフェからの眺め


東山魁夷せとうち美術館から望める瀬戸大橋の色は、魁夷が「景観を壊さない色を」と提案した「ライトグレー」が採用されているそうです。


とにかく景観が素晴らしく、私が訪れた時のカフェは満席で並んでいたので、カフェは諦めました。

こぢんまりとしたコンパクトな館内なので、割とサクッと回れます。


<香川県立東山魁夷せとうち美術館> 

【住所】香川県坂出市沙弥島字南通224-13

【電話】0877-44-1333

【時間】9:00〜17:00

【休館日】月曜日

【入館料】一般310円、高校生以下と満65歳以上は無料

【サイト】https://www.pref.kagawa.lg.jp/higasiyamakaii/higashiyama/