猪熊作品を堪能「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」@香川



香川県丸亀市にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」。


丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎の作品を、猪熊本人から寄贈を受けた作品約2万点を所蔵し、建築家・谷口吉生氏による設計で、1991年11月に開館されました。

略称はMIMOCA(ミモカ)。


猪熊弦一郎(いのくま げんいちろう)

香川県高松市生まれ。昭和期の洋画家。1902年〜1993年

旧制丸亀中学校(現 香川県立丸亀高等学校)卒業。


谷口吉生(たにぐち よしお)

東京都生まれ。建築家。1937年〜

代表作:豊田市美術館、土門拳記念館、東京国立博物館法隆寺宝物館、鈴木大拙館など



館内は1階から3階までの3層構造となっており、1階はミュージアムショップ、2階は2つの展示室と図書室、3階は天井高約7mの展示室とカフェを配しています。地下1階は収蔵庫。


2018年12月25日から長期休館、2020年4月にリニューアルオープンしました。



丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、JR丸亀駅のすぐ前の広場に面しています。

専用の駐車場はなく、JR丸亀駅前地下駐車場(2時間無料)を利用します。





私が訪れたのはリニューアル前で、エントランスで何かのイベント時でした。


猪熊弦一郎さんの作品が好きなのですが、ここが猪熊作品を堪能できる唯一の場所だと思うので、前から行ってみたいと思っていました。


常設展は、テーマごとに所蔵作品の約2万点の中から展示物が変わるので、お気に入り作品に必ず出会えるわけではないのですね。個人的には猫まみれの作品が観たかったのですが、そこはタイミングなのでしょうね。頻繁に通えない遠方組としては、一期一会と心得る感じですね。


<丸亀市猪熊弦一郎現代美術館> 

【住所】香川県丸亀市浜町80-1

【電話】0877-24-7755

【時間】10:00〜18:00

【休館日】月曜日

【入館料】常設展:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

【サイト】https://www.mimoca.org/ja/