禅の哲学に触れる「鈴木大拙記念館」@石川


石川県金沢市出身の仏教哲学者の鈴木大拙への理解を深め、思索の場とすることを目的に2011年に開館した「鈴木大拙記念館」。

鈴木大拙(1870-1966)は、「禅(ZEN)」を含んだ東洋思想を分かりやすく海外に伝えたことでも知られ、コロンビア大学で客員教授も務めました。

語学が堪能なのは勿論ですが、「禅」をはじめとする仏教思想についての卓越した知識と、西洋の思想にも造詣が深かったため、今でも海外で世界的な仏教哲学者として有名です。

入口

建築は、3つの棟(玄関棟、展示棟、思索空間棟)と、3つの庭(玄関の庭、水鏡の庭、露地の庭)で構成されています。

これらを回遊するような空間になっていて、そんなに広くはないですが、シンプルで静かで、絵画のような哲学的な雰囲気が漂っています。

水鏡の庭に浮かぶ思索空間棟

写真撮影が許されている場所と禁止の場所があるので、撮影可能な思索空間棟の写真しかありません。

思索空間棟の内部

水鏡の庭を眺めながら思索するための空間。

私の中では鈴木大拙といえば「日本的霊性」。 購入した時は私には難しく、積ん読され、かなり下の方に置かれています。。 今度ちゃんと読みます。

<鈴木大拙記念館> 【住所】石川県金沢市本多町3-4-20 【電話】076-221-8011 【時間】9:00~17:00 【入館料】300円 【定休日】月曜日 【サイト】http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/

#庭園 #アート