ノルディック・ウォーキング

ミラーレ2020年2月号・体験レポート

環水公園を歩こう!「ノルディック・ウォーキング」体験

「富山県の働く世代の運動不足の割合が全国で男性ワースト1位、女性ワースト2位」という昨年末のニュースに少なからずショックを受けた方も多いのでは。寒いからと家に閉じこもりがちな今の時季こそ外に出掛け、無理なく始められる「ノルディック・ウォーキング」で運動不足を解消しませんか?
そこで今月は、初めて「ノルディック・ウォーキング」を体験する富山市在住の方に密着取材してきました。

ノルディック・ウォーキングとは、2本の専用ポールを使って行うウォーキングのことで、クロスカントリースキー選手が夏場の体力維持、強化トレーニングとして活用したのが始まりです。通常のウォーキングに比べて 身体の90%の筋肉を使う全身運動になるので、エ ネルギー消費量が20%~30%アップします。また、ポールを使うことで4点歩行になるため、足腰への負担が軽減され、歩行時の転倒防止になるのも利点です。骨盤が左右にスイングすることでウエストまわりのねじれ 運動が促進され、ダイエットにも効果的。ヨーロッパでは既にポピュラーなスポーツですが、日本でも年齢・場所を問わず楽しめる有酸素運動として注目されています。


今回体験するノルディック・ウォーキング教室を主催する「TOYAMA TOWN TREKKING SITE(トヤマ タウン トレッキング サイト)」は、富山市総合体育館の一角にあります。デッドスペースだった場所をリノーベーションし、健康ライフスタイル拠点として2017年4月にオープンした複合施設です。美容と健康に配慮したスムージーやタニタ食堂のフードメニューなどを提供する「STAND×TANITA CAFE」、ダンスやヨガのレッスン等で利用されるレンタルスペースの「STUDIO」、最新鋭の計測システムを使って身体測定できる「H-LABO」(要入会)が併設されています。


当日は動きやすい服装、靴で参加しましょう。男女別の鍵付きロッカールームがあるので、手荷物を預けたり、着替えもできます。1時間以上外に出るので、貴重品や携帯、水などを持ち歩けるようにウエストポーチがあると便利です。体育館前の広場をスタートして、環水公園のスタバ前を通り富岩運河東岸の散策路を進み、中島閘門で折り返して戻って来る約5kmのコースを歩きます。


歩き始める前に、ポールを利用したストレッチなど準備運動を行います。初めて参加する人には、ポールの持ち方、基本的な歩き方を個別に教えてもらえます。歩幅を広く、着地はかかとからつま先への重心移動を意識し、目線は進行方向をまっすぐ見ます。ノルディック・ウォーキングは身体の90%の筋肉を使う全身運動。残りの10%は顔の表情筋で、笑顔でおしゃべりすることで100%になるそうです。他の参加者の方とおしゃべりしながら、散策路に咲く花を愛でたり、景色を楽しみながら歩くことで体も心もスッキリ。じんわり汗もかいて、1時間強で教室は終了。

INFORMATION

TOYAMA TOWN TREKKING SITE

【住所】富山市湊入船町12-1 富山市総合体育館内 環水公園側

【電話】076-482-3377

【営業時間】10:00~19:00(土・日11:00~19:00)

【定休日】体育館の営業日に合わせて不定期

【サイト】https://toyama-tts.com/

NOTE

【担当】

​企画、構成、取材、ライティング、デザイン。

【ミラーレとは】

月に一度、第2日曜に発行されるフリーペーパー。72,000部発行。

旧富山市エリアに北日本新聞と一緒に購読者宅に配達された。

2019年7月号から全面リニューアル。2020年6月号から休刊中。

北日本新聞は富山県の地方紙。県下普及率1位。

​【実際の冊子】

https://milarre-toyama.com/archive/202002/#page=1